LANGUAGE

Little北海道


お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えいたくとスムーズです。

今月のおすすめ

  • 店長の一言

    2018年9月

    いつもお世話になっておりますリトル店長の関口です!
    日頃より大変大勢の皆様よりご来店いただき本当に心より感謝申し上げます!
    9月に入り秋の味覚が続々と入荷して季節の移り変わりを感じております。
    脂がのった特大の秋刀魚や肉厚の縞ホッケなど、北海道の秋の味覚フェアを開催しておりより大勢の皆様にお楽しみいただけると思います!
    是非皆さま御誘い合わせの上ご来店、心よりお待ちしております!
    またお客様のどの様なシーンにもあわせたご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください、スタッフ一同心よりお待ちしております!
    一食に感動を〜

  • 真いわし

    2018年9月


    一年中水揚げされる真イワシ。梅雨から旬をむかえ丸々と太って、脂、旨味ともに最高潮になります!刺身はもちろん握り、塩焼、竜田揚げ、梅煮、つみれ・・・。と食の幅広さはピカ一!!特に生姜をきかせた叩きは一番のオススメです。青魚の代表格であり大衆魚でもある、旬の梅雨イワシ!一年で一番のおいしさを是非リトル北海道で味わってみてください。

  • 初カツオ

    2018年9月


    一目に青葉山ほととぎす初カツオ!! 新緑の季節に太平洋を北上する上り鰹!千葉県大原で揚がる一本釣りの本カツオは全国でもトップクラス! !ほんのり柔らかい脂身でさっぱりとした赤身、皮目を香ばしく 炙った焼霜作り、新玉ねぎとたくさんの薬味ののったのっけ盛りは野菜も一緒に、摂れて一石二鳥!今だけの初カツオ是非リトル北海道で召し上がってください。

  • 岩牡蠣

    2018年9月


    海のミルクとよばれる牡蠣。冬真ガキ、夏の岩ガキとこれからが最盛期を迎えます。 全国の岩礁で取れる岩ガキ、特に新潟県越後村上の山北名産の天然ものは大きさ質、旨みと全国でもトップクラス!!漁師さんにより一つ一つ採取される岩ガキは丁寧に、扱われ市場に出荷されます。漁師さんにより心のこもった天然岩ガキを、ぽん酢又はレモンと旬を味わってみてはいかがでしょうか?

  • とらふぐ

    2018年9月


    冬の高級食材でもある虎ふぐ❕ 今回、リトル北海道では料理コースに組み込んだり、河豚だけを堪能する虎ふぐコースなどをご準備いたしました❗ 熟練した板前の本物の薄造りを豪快に召し上がるのも結構、数枚を楽しみながら召し上がるのもご自由にいただけます。
    河豚を堪能するもう一品がちり鍋です。旨味の溶け出た出汁に、特Aコシヒカリの雑炊は一度食べたら病みつきになります。
    冬の味覚、是非ともリトル北海道でお召し上がりください。

  • 特選まぐろ重~魚沼山葵~

    2018年9月


    まぐろ!マグロ!鮪!やはりマグロは御飯が進む!マグロ好きに直球勝負を挑んだ一杯だ。
    ネギトロ・赤身・トロに魚沼山葵で彩りを添えて。自家製の煮切り醤油も相まって、大盛りの南魚沼産コシヒカリもぺろりと平らげてしまった。
    「一食に感動を」店舗理念を見て納得の味とクオリティとコスパだ。

  • 特上海鮮北海重(マジ丼)

    2018年9月


    まるで海の宝石箱。北海道直送の目にも鮮やかな魚介の下には、特Aの塩沢産コシヒカリを使用したシャリがぎっしり。
    さらに「うに醤油」まで添えられた贅沢を尽くした一杯は、どこから食べてもうまい!スキのない一杯に仕上がった。
    お腹だけでなく心も満たされる。

  • 金目鯛

    2018年9月


    春を代表する魚金目鯛❕
    伊豆下田、千葉銚子などで揚がる極上の金目鯛は全国でもトップクラスの質を誇ります。
    ほんのり甘味のあるピンクの身質は寒い冬を越して更に旨味を増します。刺身では皮目をサッと湯引き旨味をぎゅっと閉じ込めた湯霜造り!握りには軽くスダチを添えてさっぱりと召し上がって頂きます。
    忘れてならないのが、カブト煮❗
    身もさることながらアラの旨さは真鯛やその他に魚にも引けをとりません。特製の煮汁は継ぎ足す事で毎回旨味を増していきます。数に限りのあるカブト煮、是非御早めのご注文をお待ちしてます‼

  • 佐渡のノドグロ

    2018年9月


    赤むつの地方名で喉が黒いことからその名がつけられたノドグロ!!
    一年間を通して脂ののりがよく白身のトロと称され白身魚の最高級魚として扱われています。
    リトル北海道では佐渡の若き漁師、川内さんより獲れたてを活けじめにして直送にて送って頂いた鮮度抜群のノドグロをご準備しております。
    まずは皮目を炙った焼霜造り、駿河湾の粗塩を添えて柑橘を絞った握りも格別です。アラは味噌汁、ご注文により塩焼きや煮付けもご用意できます。
    全国でもトップクラスの品質を誇る佐渡のノドグロを是非リトル北海道でお召し上がりください。

  • 八海山サーモン

    2018年9月


    霊峰、八海山の雪どけ水で時間をかけて育て、池に流れを造ることでより自然に近い状態を造りだし、流れに逆らっておよぐ。
    身の締まり、臭みの少ない魚が出来上がります。
    わさび、しょうがなどお好みでおめしあがりください。

  • タラバガニ

    2018年9月


    北海道の食材を語る上で外せないのがタラバガニ!!
    漢字の通り鱈の取れた網で取れたことから鱈場蟹と名付けられました。
    リトル北海道では北海道で水揚げされるタラバガニの中でも最大級のサイズを直送してもらい、味、風味、食べごたえなどどれをとっても最高のタラバガニを御準備しています。
    香り高い熱々をご賞味ください。

  • 魚沼きのこといかわたホイルジュージュー焼

    2018年9月


    初秋を迎え近海のスルメイカの腸も膨らみ身も甘味を増してきます。
    そんなスルメイカの腸と魚沼のきのこをたっぷり使いホイルにまとめてニンニク醤油とバターで味付けしました。
    シンプルな味付けの中に腸とバターのコクを感じます。 御徳を使いお客様の前でグツグツしながら召し上がって頂けます。 熱々をふうふうしながら召し上がって下さい。

  • 乾物三種!

    2018年9月


    魚沼の酒蔵でも歴史の深い青木酒造。中でも代表的なカクレイの清酒に特別に浸して干した乾物三種!最も味の濃いひも付きホタテ、ほんのり脂ののった塩味の鮭とば、少し唐辛子の利いた甘辛いエイヒレ。
    少しかじって頂くお酒はカクレイでなくとも八海山、高千代、緑川と魚沼の酒蔵どれとも相性抜群です。寒くなるこれから特にお燗日本酒のお供に是非乾物三種をオススメします。

  • 特大殻付きホタテの醤油バター焼き

    2018年9月


    食材の宝庫、北海道から海の恵みを受けた天然殻ホタテ。
    雪も最盛期の、北海道冷たい海水に育まれた魚介はたくさんあります。 そんな中リトル北海道では特大の天然帆立をご準備いたしました。刺身はもちろん今回は殻付きの帆立バター焼を召し上がってください。
    しめじ、榎木、葱とさまざまな野菜を一緒に焼いていただきます、貝の旨味とキノコなや野菜の相性はテッパンです。
    自家製のタレを注ぎ醤油やバターの焦げる香りを皆さんの卓上で楽しんで、いただきます。
    具を食べた後、小ごはんを入れて軽いおじやも最高です。
    一度で二度美味しい帆立バター焼、是非御賞味ください。

  • 旬な刺身の盛り合わせ

    2018年9月


    全国各地より旬な魚を取り寄せ、魚にあった調理方法で板前が調理いたします。柏崎、佐渡沖、北海道からも旬なお魚を厳選し仕入れております。
    今月は桜鯛、自家製〆サバ、北海道産生ホタテ、生鮪をはじめ、その日仕入れたお魚をふんだんに盛り込んでいます。 お好きなネタや苦手なネタ、等々お気軽に板前までお申し付け下さい。

  • 握り寿司盛り合わせ

    2018年9月


    握りの代表格本鮪!! 季節を彩る白身魚、甘さを信条とする甘エビ、ホタテ、イカ、大人気のイクラ時期にとれる北海道産の大粒生イクラを創業より変わらない味付けで提供しています。
    毎日焼かれる玉子焼きはお子様から大人まで広く喜ばれております。
    季節によって変わる旬なお魚、苦手なネタやシャリの大きさやその他お気軽に板前までお申し付け下さい。!!